オフィシャルブログ

月別アーカイブ: 2024年7月

帯施工完了しました! 屋根・外壁塗装・リフォームの事なら千葉建装へお任せください!

帯塗装が完了しました。

帯は、境界線な意味を持つことが多い部材で、おうちの外壁では、1階の外壁と2階の外壁を区切るための仕切り板としての役割を担っています。

帯はほとんどの場合【美観的】な意味で使用されています。

・ツートンカラーの塗装に帯を入れることで境界線を作り、見た目をオシャレに見せる。

・単調カラーでも、帯で境界線をつくってビジュアルを良く見せる。

しかし、美観的に付けられている帯ですが、外壁と同じように劣化してしまいます。

帯の1番の劣化原因は、雨による水の浸入です。

帯は外壁にくっついているので、雨水がたまりやすく、素材が劣化してしまったり腐食してしまいます。

帯の劣化は、外壁にも影響を及ぼしてしまいます。

外壁塗装や外構工事、リフォームに関する事なら弊社にお任せください!

現地調査、お見積りは無料です。

お気軽にご相談ください。お待ちしております。

横樋施工完了しました! 屋根・外壁塗装・リフォームの事なら千葉建装へお任せください!

横樋塗装が完了しました。

横樋とは、軒樋とも呼ばれており、屋根の真下に水平に設置されている雨樋のことです。

屋根に降った雨水を集めて集水器に流す役割があります。

横樋は傾斜をつけて設置されているため、雨水が集水器に流れやすくなっています。

集水器とは、横樋から流れてきた雨水を集めて排水溝に流し落とすための建材です。

また、横樋は雨水だけでなく飛来してきた落ち葉やゴミも溜まりやすい場所です。

落ち葉やゴミが溜まると排水がうまく行われず、雨漏りしたり破損したりします。

横樋は、排水機能を維持するために定期的に掃除してメンテナンスしなければなりません。

掃除をしないままでいると、排水機能が落ちて雨漏りの原因となります。

また、横樋は紫外線によって劣化しやすいため、塗装して劣化を防止する必要があります。

掃除だけでなく、定期的な塗装によるメンテナンスも必要となることを覚えておきましょう。

横樋は台風による強風や大雨による影響を受けやすく、破損する恐れがあります。

また、屋根からの落雪によって、重さに耐えられず破損してしまうこともあるでしょう。

横樋の破損を放置しておくと、雨漏りが起きたり、屋根に降る雨水が直接地面に落ちることで騒音がしたりします。

自然災害が起きた際は、横樋が破損していないかチェックするようにしましょう。

横樋は目立たない箇所ではありますが、雨水から住宅を守るための重要なパーツです。

住宅のある地域の環境によって、横樋の形状を選ぶようにしましょう。

また、横樋の寿命を延ばすためにも、定期的に掃除や塗装といったメンテナンスをするようにしてください。

外壁塗装や外構工事、リフォームに関する事なら弊社にお任せください!

現地調査、お見積りは無料です。

お気軽にご相談ください。お待ちしております。